コンフォティスの持続性 | スポットタイプが使えない犬にはコンフォティスがオススメです
白い薬

コンフォティスの持続性

犬の健康を守るために必要なノミやマダニの予防、どうせなら効果がしっかり続いてくれるものを選びたいですよね。
効果が高いのももちろん大切なのですが、いくら効果が高くてもそれがすぐに切れてしまうのであれば、あまり効果的だとはいえません。
スポットタイプのノミダニ駆除薬の場合、有効成分が皮脂腺に蓄えられることで効果が長続きしてくれますが、コンフォティスの場合はどうなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

コンフォティスは犬の身体の中に入ると、まず有効成分が血液中に広がっていきます。
その後、血液中に広がった有効成分は全身の脂肪組織に移行していき、脂肪組織の中に有効成分が蓄えられるようになっているのです。
これにより、効果だけでなく持続性も高くなっており、一度コンフォティスを投与すると約30日間はノミやマダニに対する効果が続くようになっています。
一度の投与で約30日間も効果が続いてくれるなら、市販のノミダニ駆除薬のように何度も投与する手間が省けますし、ペットにかかるストレスも軽減することができます。
ノミダニ駆除薬を頻繁に再投与しなくてもよくて、十分な効果が期待できるコンフォティスは内服薬タイプのノミダニ駆除薬の中でも、かなり優秀なものといえるのではないでしょうか。
効果だけでなく持続性にも注目したいと考えている飼い主さんは、コンフォティスを手に取ることをオススメします。
コンフォティスを使って犬に寄生するノミやマダニを駆除し、犬も飼い主さんも快適に毎日を過ごせるようにしていきましょう!