跳ねている1錠のカプセル

内服薬でノミダニ予防

犬の健康を守るために必須

犬の健康を守るためにも必要になってくる予防といえば、皆さんはどんな予防を思い浮かべますか?
おそらく、真っ先にフィラリアの予防を思い浮かべた人が多いと思いますが、中にはノミやマダニの予防を思い浮かべた人もいるのではないでしょうか。
フィラリアの予防が犬の命を守るために必要なものなら、ノミやマダニの予防は犬が快適に、安心して毎日を過ごすために必要なものです。
ノミやマダニによる被害は決して無視できないものなので、ノミダニ駆除薬などを使って確実に予防していかなければなりません。

このノミダニ駆除薬ですが、飼い主の皆さんはノミダニ駆除薬といえばどんなタイプを想像しますか?
動物病院で処方されているのはスポットタイプのノミダニ駆除薬が圧倒的に多いため、飼い主さんの中にはノミダニ駆除薬といえばスポットタイプのものしかないと考えている人もいるのではないでしょうか。
フィラリア予防薬にもいろいろなタイプがあるように、実はノミダニ駆除薬にもスポットタイプ以外のものが作られています。
肌が弱い、ちょっと神経質でスポットタイプをつけたときに気にしてしまう……そのような事情がある場合は、スポットタイプ以外のノミダニ駆除薬を使うことをオススメします。

与えやすい錠剤タイプ

スポットタイプ以外のノミダニ駆除薬の場合、内服薬タイプが中心になってきます。
犬を飼っている飼い主さんたちの間で話題になりやすいのはネクスガードですが、実はネクスガードよりも前に発売されているものがあることをご存知でしょうか。
名前をよく見かけるのは圧倒的にネクスガードのほうなので、少し意外だと感じた人も、もしかしたらいるかもしれませんね。

ネクスガードよりも先に発売されている内服薬タイプのノミダニ駆除薬として、コンフォティスというお薬があります。
コンフォティスは2011年から発売されており、既に日本での発売から5年以上の販売実績がある、歴史のあるノミダニ駆除薬です。
あまりにも新しいノミダニ駆除薬だと不安になってしまう人もいるかもしれませんが、きちんとした歴史があるのなら安心して使うことができるのではないでしょうか。
内服薬タイプにもいろいろありますが、コンフォティスは錠剤タイプで作られており、素早い効果でノミやマダニを駆除してくれます。
その効果があらわれはじめる時間は、犬に投与してから約30分後になるので、ノミが卵を産んだりする前に素早く駆除することが可能になっています。
また、コンフォティスには犬が薬を飲みやすくなるように嗜好性の高いビーフフレーバーがつけられており、チュアブルタイプと似たような感覚で与えることができます。
錠剤タイプの中でも投与が楽になるように作られているコンフォティスを一度使ってみるのはいかがですか?

安全性も確立している

コンフォティスに使われている有効成分は、スピノサドという成分になります。
この成分はマクロライド系という系統に分類される物質で、体内に吸収されることによって2時間から4時間で犬や猫などのペットの血液中に広がり、全身に行き渡ります。
スポットタイプでは成分が行き渡りにくい箇所にも十分に行き渡ってくれるので、目の周りや指の間などに寄生しているノミやマダニもしっかりと駆除できるようになっています。
ここがコンフォティスの魅力になりますが、同時に安全性が気になってしまうという飼い主さんも大勢いることでしょう。

安全性が確立していないノミダニ駆除薬だと、どうしても不安になってしまいますよね。
ですが、コンフォティスに使われているスピノサドは犬や猫には親和性が低く、ノミやマダニに対して強く作用するという特徴があります。
そのため、コンフォティスを犬に与えてもほとんど影響を与えず、犬に寄生したノミやマダニにのみ駆除効果を発揮してくれるのです。
スピノサドは犬や猫といったペットには安全性が高い成分だといえ、それを使って作られているコンフォティスも十分安全性が高いノミダニ駆除薬であるといえます。
大切な家族である犬の健康を守る薬だからこそ、安全にノミやマダニを駆除できるものを選びたいという人も、これなら安心ですよね。
効果も安全性も十分高いコンフォティスを使って、ノミやマダニを効果的に予防してあげましょう!

コンフォティスの持続性

犬のノミダニ駆除薬を選ぶときに気になるのが、効果がどれくらい続くかということですよね。コンフォティスは効果だけでなく持続性も高く、しっかりとした効果でノミやマダニを駆除できるという安心感があります。

Read More

コンフォティスの注意点

効果も持続性も十分あるコンフォティスですが、犬に投与するときは注意しなければならないこともあります。安全に使用するためにも、コンフォティスを投与する前にどのような注意点があるのか、しっかり把握しておきましょう。

Read More

人気記事

「スポットタイプが使えない犬にはコンフォティスがオススメです」の人気記事です。

Read More